「帽子が似合わない」を考える①

こんにちは〜

小豆島の美容室cutting-edge MINORITY(マイノリティ)の教野です!

前回の続きで、「帽子が似合わない」を分析するコラムを書こうと思ってたら筆が止まってました💧

中身のあることを書こうとするとダメですね〜笑

今日はその①

「サイズが合ってない」です。

人間ってのアタマってそんなに大きさ変わらないので、帽子も多少サイズが合わなくても被れてしまいます。

でも子供服を大人が着てたらおかしいのと同じで、やっぱりサイズが合ってないとおかしくなりやすいんですよね〜

サイズはしっかりと確認するべきだと思います♫

それとボク的にはもう一つ、「頭にジャストフィットしてるからって、顔にジャストフィットしてるとは限らない」っていうのも付け加えたいところです♫

 

ちなみにお店にあるハット達。

どこにでも売ってそうですが被ってもらえると分かるはず。めちゃ大きいです♫

「サイズが大事って言ったくせに💢」って言われそうですが💧そこには理由がありまして・・・

帽子の筒状になってる部分(クラウンといいます)の横幅は、通常は被ってる人のアタマの横幅でもあります。

なので人間は、帽子の横幅=顔の横幅だとイメージして見てしまうようです。

ここがクセモノで、僕みたいに顔が大きいのに頭は小さい人(コメカミで顔がぐっと細くなる人は当てはまるかも)は頭にジャストフィットの帽子を選ぶと顔の横幅のほうが大きくなってしまいます💧

そこで!

サイズの大きな帽子だとどうでしょう?

ちょうど商品と似た色の私物があったので比較してみますね〜

ちなみに写真の黒いリボンのついてるほうが大きい帽子です♫

●帽子が頭にジャストフィット



●サイズの大きな帽子

 

どうでしょう?

印象違いますよね?

 

さらにこうしてみましょう!

●帽子が頭にジャストフィット

●サイズの大きな帽子

黒いリボンのほうは、帽子の横幅に対して顔の横幅が小さいですね〜

リボンの色も帽子の横幅を強調してくれてます♫

ハイ!言いますよ〜

みんなの好きな四字熟語、言いますよ〜〜!

「小・顔・効・果」❤️

です!

というわけで、今日の格言❗️

「帽子は頭でなく、顔にジャストフィットさせるべし❗️」

あ、ブカブカは気持ち悪いので100均で売ってるスキマテープを帽子の汗止めの中に貼っておくと良いと思います♫

 

コレを・・・

適当に切って・・・

後ろ基準でいっぱい調整する人はグルっと。

出来上がり〜〜♫

お買い物のときにでも思い出してもらえれば♫

ではでは〜〜

MINORITY@やってます♪

 

MINORITYの公式LINE@です!

お問い合わせご予約など、お待ちしております。

※当日のご予約はお電話でお願いいたします!

 

FACEBOOKページ

Cutting-edge Minorityやってます♪

 

日々のブログ更新など、ご覧頂けます。

ページに「いいね!」してくださいませ♪